• 0〜6歳のための英語レッスン「幼児英語」
  • 小1〜小6のための小学生英語「小学生英語」

精華教室

全国で英語教室を展開中!
お近くの教室で
七田式英語教育が体験できます。

3月4月5月度生 入室金無料!体験するなら今!!(4月20日までのお申込み分)

電話番号 0120-577-367
住所 〒619-0240
京都府相楽郡精華町祝園西1-32-1 タカコビル1F
アクセス JR片町線  祝園駅徒歩3分
近鉄京都線 新祝園駅徒歩3分

Google Mapで見る

開設コースのご案内

お知らせ

今だ、七田!
 お子様の教育方針が見えてくる七田の体験レッスン!!

● 幼児コース・小学生コース・幼児・小学生英語コース
   ☆☆☆ 無料体験おためしレッスン&説明会開催! ☆☆☆
≪富雄教室≫
2/10日(金)、14日(火)、23日(木)

≪新大宮教室≫
※現在、新大宮教室では体験を実施することが出来ません。体験をご希望する方につきましては、富雄教室、精華教室にて現在実施させて頂いております。よろしくお願い致します。

≪精華教室≫
2/9日(木)、17日(金)、28日(火)



※上記以外の日程で体験をご希望の方は、お気軽にご相談ください。
尚体験の所要時間については約30分になります

 体験おためしレッスンは、各回とも定員4名です。毎月希望者が多いため
 お早目のご予約が確実です。

体験おためしレッスンをお受けいただくために詳しい資料をお送りしています。
  0120−577−367まで。お気軽にお問い合わせ下さい。

●目の学校のトライアルレッスン・視機能検査を行なっています。目の働きの チェック検査、トレーニングを無料でお受けいただけます。

落ち着きがない、飽きっぽい、運動が苦手、読書嫌い、ノートの字がきたないなどは性格や”くせ”ではなく、実は目の働きが育ってないためかもしれないのです。

「“め”に目を向けると、脳が育つ」
新しい視点からお子様の抱える問題の解決を目指すこの機会をお見逃しなく!
    0120−577−367までお気軽にお問い合わせ下さい。

教室紹介

代表あいさつ
私は1987年(昭和62年)全国450教室に先駆けて七田式教育を始めました。今年で28年もの長い間七田教育を続けてこられたのは「子どもは七田の教室に預けたら間違いない」という多くの方々の信頼に支えられているからです。

それは何故でしょうか?
七田の子育てが学力第一の子育てではないからです。知識を教え込む左脳教育だけではそれ程高い人間力は育てられません。「認めて、誉めて、愛して育てる」をモットーに子どもの心を育てることを大根本にして、右脳と左脳のバランス教育=全脳教育をすすめているからです。。

Mちゃんの幼稚園のクラスに乱暴な男の子が一人います。誰もあたらずさわらずと遠ざけている男の子ですが、ある時もその男の子が暴れ出してみんな逃げ回っている時、Mちゃんがそ〜っと男の子に近づきハグを始めました。そしたらその男の子がすっかりおとなしくなってしまいました。お母様がいつもMちゃんにしてあげていることをとっさに行動にできる心を育てていたのです。七田教室はこんな心の豊かな子ども達でいっぱいです。

七田式の子育てを始めますと、お母様の子育てが今までの10倍わくわく楽しいものになります。お母様から笑顔が溢れる子育てになっていただくように講師陣が強力にバックアップいたします。

お母様の子育てがワクワク楽しくなり、母と子が愛情で繋がりますと、子ども達の驚異的な右脳記憶力、豊かなイメージ力、抜群の集中力等が目覚めます。
ですから大和郡山市主催の記憶力大会で毎年入賞者を出せるのです。東大、京大、阪大などにも多く合格者を出せるのです。しかも七田で育てた力をもってすれば、「やっとこさの合格」ではなく、「悠悠楽々の合格」が出来るのです。社会貢献の出来る人財をたくさん輩出しているのです。芸能界にもスポーツ界にも非凡な才能をもった七田の卒業生がたくさん進出しているのです。

アメリカの労働経済学者ヘックマンは、就学前教育を受けたグループと受けなかったグループを40年間の長きにわたって追跡調査を続けた結果、生涯獲得賃金や持ち家率などの経済面でも教育面でも就学前教育を受けたグループが圧倒的に高い投資リターンの恩恵を受けていることを証明し、就学前教育の有無が経済的、教育的な差を生み出すと結論付けてノーベル賞を受賞しています。
慶應義塾大学准教授の中室牧子氏もヘックマン教授の研究で明らかになったこととして、大人になってからの社会的成功にとって重要なのは学力やIQだけでなく、学習意欲や忍耐強さ、やり抜く力、セルフコントロール力など目に見えない力「非認知スキル」である。就学前教育を受けた子はこの「非認知スキル」が身に着くから社会的成功を収める率が高まるのではないかと考えられると述べています。

子育ての最終目標は「一人で生き抜く力のある子」を育てる事です。お金や財産を残すことは「一人で生き抜く力」を育むことにはなりません。「一人で生き抜く力」=「非認知スキル」を育てる七田教育を一日も早く始めましょう!!

この教室で体験レッスンお申込み

信頼される七田教育

おかげさまで 今年も七田教育は
イード・アワード顧客満足度評価で
圧倒的な評価を頂きました!!

☆総合満足度第1位
さらに
☆先生がよい幼児教室第1位
☆授業がよい幼児教室第1位
☆教材がよい幼児教室第1位
☆効果がある幼児教室第1位
☆授業プログラムが充実している幼児教室第1位

幼児教育をお考えなら七田教育、選ぶなら七田教育ですね!

七田の右脳・左脳のバランス教育を受けると・・・

七田の右脳・左脳のバランス教育でこんなことが期待できます!

 屬まん強さ」「やり抜く力」「他人を思いやる力」などの心が豊かに育ち ます。

右脳記憶力が育ち、小学校からの国・算・理・社の勉強が抜群に良くなりま す。

J拔好きになっていくから親が「勉強しなさい」と言わなくて済みます。

けη哨ぅ瓠璽故呂鮖箸Δら運動、芸術にも高い能力を育てます。

ゾ学受験、中学受験が楽になります。

ν蠅發靴す峪佞ら子育てのアドバイスが受けられ、親の子育てが10倍わく わく楽しくなります。

Ы学前教育をすることで、将来の生涯獲得賃金や持ち家率などで格段のハイリターンが望めます。


 

この教室で体験レッスンお申込み

七田教育の記憶力のすごさ!

七田教育の記憶力
七田教育で身に着く記憶力は無敵です!
第17回大和郡山市主催の「記憶力大会」の記憶力選手権青年の部で中学2年西口茉莉花ちゃんが優勝!自慢の部で小学3年O.M君が審査員特別賞を受賞しました。
毎年連続の受賞です。

七田の子ども達がこうして抜群の記憶力を発揮するには訳があります。
七田教育では0歳児から数々の記憶遊びをします。
フラッシュカードやフルーツバスケットを使った「写真記憶力遊び」
言葉をイメージでつなげていく「リンク記憶力遊び」や「ペグ記憶力遊び」
2倍3倍6倍の高速音を聞き分ける「高速視聴覚記憶力遊び」などで右脳の記憶力を育てていくからです。左脳の記憶力は覚えにくく忘れやすいので大した記憶力にはなりません。

右脳の記憶力を育てた七田の子ども達は小学校に入ると教科書の隅から隅までを一目で記憶してしまうのです。だから七田の子ども達は“勉強大好き”になっていくのです。

非凡な才能を発揮する七田っ子 

西口茉莉花さん (現在インターナシオナルスクール中学3年)もその一人です。

●12歳で英語TOEIC920点獲得(東大生レベル)
●13歳で茶道文化検定1級合格(日本最年少記録)
●14歳できもの文化検定2級合格
●8歳で大和郡山市主催の記憶力大会「自慢の部」で優勝、今年青年の部で優勝

こんな才能をどうやって育てたのか、お母様の声を聴いてみませんか 検索

お母様の声
私は子どもの才能を育てるキーワードは「ワクワク、ドキドキ」だと思います。

たとえば幼児期から私の家では良く、理科的な実験をしてあげながらワクワク、ドキドキ感を盛り上げて自学自習能力につなげる様にもっていきました。
まず実験をやって見せます。茉莉花がびっくりして「どうしてこうなるの?」と聞きます。その時「どうしてだと思う?」と聞き返すんです。するとたいがい「わからない」と返事が返ってきます。そこで「ああかな〜?、こうかな〜?」って考えさすのです。
その上で「じゃあ一緒に本で調べてみようよ。」と図鑑などで調べる訳ですけど、大抵は満足できる答えなんか見つからないので、図書館へ行ったり古本屋さんへいったりして、まあ、私の場合はBOOK OFFが多いんですけど、その実験について書いてある本を探すんです。ちょっと大変でも「なんで?、どうして?」が解決するまでとことん付き合うんです。
それでも探せなかったりしたら、教室の先生がいるじゃないですか。
パソコンやスマホのネットで調べるのはお勧めしません。印象に残らず一瞬で忘れて終わってしまうからです。本で調べることを習慣づけないといけないんです。

また朝起きたらプリントや英語を30分から1時間程度することを習慣にしました。

小学生時期、七田の小学生コースでは「歴史人物紙芝居」の取り組みがあります。
そのレッスンで歴史人物を習ったら、その人物のゆかりの場所に良く行ってみました。
聖徳太子なら法隆寺、聖武天皇なら東大寺や法華寺、織田信長が出てきたら安土城の遺構とかを見に行きました。千利休を習った時は大阪城へ行きましたが、それがきっかけで、9歳の時歴史能力検定の日本史の3級に合格しましたし、茶道に興味を持つようにもなったんです。更に利休をもっと知りたいと思う気持ちが茶道文化検定を受けるきっかけになりました。
こんなこともありました。
小学1年生の時にマヨネーズ工場に見学にいきましたが、そこで聞いた説明は余程印象が深かったのか今でも鮮明に覚えているようです。マヨネーズをつくるのに卵を使いますが、その卵の殻が世の中の役に立っている事、どうやって作っているの?じゃあお味噌は?
ケチャップは?お醤油は?とどんどん思考が広がっていきますよね。


トヨタ自動車やヤマハピアノの工場なども行きましたが、工場見学は世の中の本物を見るすごいチャンスなんです。
娘はお茶や着物にも興味がありますが、それも織物の工房や資料館見学に連れて行ったことや、焼き物の里・陶芸体験など本物に触れる体験をしたことがもとになっていると思います。

七田のレッスンは「教えられる」「きっかけを得る」「刺激をうける」ための宝庫だと思います。それが呼び水になって「やったら出来るかも知れない!」「やってみたい!」「やったらきっと出来る!」そのように気持ちが繋がっていく基礎がレッスンで出来たんです。
そのことが数々の挑戦や検定を受けようと思う気持ちを起こすことにつながっているんだと思います。ですから教室に通ったことは本当に良かったと思っています。

子どもに親が教えてやらないといけないことは、「勉強の仕方、方法」なんです。魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教えるのです。分からないことが出てくれば、どうやって調べるのかの方法を教えてやるのです。
これが出来るようになると、もう放っておいても子どもは勉強できるようになり、自分から課題を見つけていろんなことにどんどん挑戦していくようになると思います。


体験レッスン・教室見学へのお申込みはこちら

  • 体験レッスン・資料請求
  • お近くの教室を検索

充実のサポート制度

  • 検定試験で実力チェック
  • [会員限定]サンフランシスコ留学
  • さまざまなイベントで英語を話す機会が多い

0歳からの幼児教室。才能が目覚め、のびる時期を逃がさない。七田式だからできる右脳教育があります。詳しくはこちら

全国に約450教室を展開中!

  • 北海道
  • 東北
  • 関東
  • 北陸・甲信越
  • 東海
  • 近畿
  • 中国
  • 四国
  • 九州・沖縄

七田式教育の創始者:七田眞からのメッセージ

七田式英語教育の認定講師:厳しい採用基準と研修をクリアしたプロフェッショナル

講師募集中:お近くの教室で講師をしてみませんか?

このページのトップへ戻る